育児生活始まって一ヶ月経ったから今の気持ちを文章にしてみる

2014年度の育児休業の取得率、女性は86.6%で男性は2.30%だったらしい。
労働調査会

女性でも残りの13%くらいは育休取らないんだなあ。
逆に男性は2%以上、100人中2人以上が育休を取ると考えると、それは多い感じがする。
それもきっと、子育てに積極的な風土のある会社が男性の育休取得を推進していて、
その担当の総務とか人事の人が”会社の一つの活動として”実践してるっていうのも含まれてるんだろうな。

そんな会社、滅多にないのに。

例えばIT企業で、赤ちゃんやまだ手のかかる子供のいる20〜30代のパパ達が揃いも揃って育休を取得したら…
会社が成り立たないでしょうな(苦笑)
社員の平均年齢が20〜30代の会社だとまず男性の育休の取得は無理ですよね。

取れたら取れたでそりゃ家族にとっては良いことかもしれないけど。
長期の休みを取るということにどこか後ろめたさを感じたり
会社に戻ったときの自分の居場所を想像したりすると不安でしかないなら
無理に育休取る必要ないもんね。
男性の育休取得を推進しようとして煽る方がパパたちにとってはプレッシャーかもしれない。
だって一生懸命働いてチビを養おうと思ってくれてるところに
あれも、これもじゃママ以上にパパもパンクしちまうよ。
そうじゃなくても家に帰れば育児に疲れたママとチビ怪獣が待ってるんだからさ。

無理やり「男性も育休取りましょう!」っていうより、
家族に何かアクシデントが発生したときに「家族の事情で連絡したい・帰宅したい」っていうのを許してくれやすい職場を作る方がいいと思うな。それも、とっても難しいことだけど。
平均年齢の低い会社なら、こっちの方が「困ったときはお互い様」の精神でパパも家族も安心するよね。
私の旦那の会社は幸いこの環境にとても近くて、すごく恵まれていると思う。
パパ自身が「子供の成長をしっかり見守りたい!家族のケアをがっつりやりたい!」っていう人はもちろん育休取得すべきだしとても素晴らしいことですよ、そりゃ。でも、ママに「育休なんて取らんでいいから働いてこい!」って言われたら頑張って働くしかないしねwww
家庭の事情って複雑ですよねwww


それともう一つ、これは実際に育児をしていて思ったんだけど。

パパもやっぱり、妊娠・出産、育児に関して勉強が必要だよね。

…って、当たり前の話やーん。っていう一行ですけど…

男性は無意識に「女性は本能的にママになるから、任せておけば大丈夫」って思ってる節がありそう。
…ソースは家族問題系のスレ扱うまとめサイトやら、知恵袋やら小町やら。
産めば自動的に赤ちゃんのスペシャリストになれる訳じゃあないのよ、女って。
ママはプレママ時代から事前に育児書やテレビや雑誌やネットでずっと勉強しているのよ。
でも、座学と実技じゃワケが違うのよ、その事前に仕入れた知識をお守りにして、
ママも子育て初心者だけど必死で目の前の怪獣と戦っているの。
「それはママとして当たり前のことじゃないの?」って言われるとそうかもしれないけど、
それを言われるとママは気持ちが辛くなると思う。

ママさんになるって、大変ですね。
まずホルモンバランス。出産後に胎盤が排出されたあと、母乳を出すために体内で分泌されるホルモンの量がガラリと変わる。完全に生理現象、コントロール不可能なものだからどうにもならないんだけど、これ意外と知らない人多い。かくいう私も妊娠するまで知らなかったし、私の職場の妊娠したことない女性もほとんど知らなかった。このホルモンバランスのせいでマタニティブルーという鬱状態が起こることも。それに加えて、熱を持ちパンパンに腫れるおっぱいの痺れるような痛み(痛すぎて眠れなかった)、長引く出血(悪露)や切開した部分の縫合の痛み、母乳を与えるたびに子宮の収縮で起こる「後陣痛」の鈍い痛み、緩んだ骨盤の痛みなどなど…なんだ、出産の痛みより産んだ後の方がずっと痛いじゃないか。
それから、産んだ後は24時間体制で育児がスタート、ほぼ家に引きこもって缶詰状態になると社会と距離ができたような感覚に陥る人もいる。家族や親戚がそばにいてくれれば家事を助けてもらったり気分転換も出来るかも…核家族が主流の今じゃ、ママ一人で家にこもりきりでやってる家も多いでしょう。私もそうですけど。
自分のご飯を食べるのも忘れ、2〜3時間起きに授乳で1時間くらい時間をとられ、赤ちゃんが寝た隙に哺乳瓶を洗い簡単な家事を済ませ、できるだけ体を休め…ようと思うと赤ちゃんが起きる、みたいな常に睡眠不足の生活。
本を見ながら拙い実技を実践しつつ、理由のわからないギャン泣きや体調の変化などのアクシデントにヒヤヒヤしながら立ち向かう…

そりゃノイローゼにもなりますって!!

そう、ママさんの生活は子供が産まれる前と後では体内でも外的にも変化しまくり、まるで別の自分になってしまった!くらい変化するのである。まさに24時間戦わざるをえなくなるのが、ママという仕事の実態なのでした。

この感覚、絶対パパとママとでは共有できないけど、
でも、「ああそういうものなんだ」って、これはパパさんに理解してもらうしかないわー。

だから、本題に戻ると、パパさんが出産や育児に関して勉強することは
ママさんとの知識の差による摩擦を減らすことになり、
家庭内の空気をある程度良好に保つことができる…という結論に私は至った。

もちろんパパさんは仕事に行かなければいけないぶん、育児に関してママさんには敵わないと思うけど。

産後の女性は、育児に関してド素人なの。
だから知恵袋とかで「妻が育児以外の家事をしない!」とか怒りの書き込みをしているパパさん…みっともないお。

あたしゃ一ヶ月健診で病院に行った時、看護士さんに「家事は必要最低限のこと以外しなくていいから、とにかく体を休めて!」って言われて本当に心が軽くなりましたよ。「ホコリじゃ人間は死なない!」っていうお決まりのセリフもいただきました。

パパさんもママさんも育児ド素人。
赤ちゃんも生命維持でいっぱいいっぱいの「ど素人人間」なんだから
素人どうしみんなで頑張りましょうよ。

ちなみに我が家は今の所たいへん良好な関係です。念のため。

広告

投稿者: pochitan

WEB業界の隅っこにひっそりといる初心者

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中